Changelog

Follow up on the latest improvements and updates.

RSS

fixed

2.5.7

  • 🐞 Fixed an issue when using table syntax rendering line breaks abnormally in Markdown documents.
Japanese:
  • 🐞 Markdownドキュメントでテーブル構文を使用すると改行が異常に表示される問題を修正しました。

new

improved

2.5.6

  • 🔥 Now supports configuring the maintainer for APIs in
    Swagger/OpenAPI
    files using the
    x-apidog-maintainer
    field. The value can be the Apidog nickname or username of team members. After configuring this field, importing the
    Swagger/OpenAPI
    file into Apidog will recognize it.
  • ⚡️
    Custom requests
    for requests and testing now support the use of
    global parameters
    .
  • ⚡️ When exporting online docs in
    OpenAPI
    format, you can now choose whether to include OpenAPI fields extended by Apidog.
Japanese:
  • 🔥【新機能】
    Swagger/OpenAPI
    ファイルで
    x-apidog-maintainer
    フィールドを使用して、APIの
    責任者
    を設定できます。その値は、Apidogで当該チームメンバーの
    ニックネーム
    またはユーザー名になります。設定後、ApidogにSwagger/OpenAPI ファイルをインポートできます。
  • ⚡️【最適化】自動テストの「新規Request」と「カスタムRequest」は「グローバルパラメータ」を使用可能です。
  • ⚡️【最適化】オンラインドキュメントを「OpenAPI」形式にエクスポートする場合、Apidogが拡張したOpenAPIフィールドを含めるかどうかを選択できます。

new

improved

fixed

2.5.4

  • 🔥 Apidog automatically generates Headers that are shown in the API, allowing users to decide their transmission. For instance, if the
    Cookie
    option is deselected, the
    Cookie
    created from the prior response’s
    Set-Cookie
    will not be transmitted.
  • 🔥 Bulk creation of
    Schemas
    can now be done by
    importing data tables from the directory tree
    .
  • ⚡️ Variables can now be used directly in the address bar by starting with {{variable name}}.
  • ⚡️
    Manual sync
    in
    testing
    now supports syncing body formats like GraphQL and msgpack.
  • ⚡️ When importing
    Postman collections
    , parameters of unchecked requests will also be imported.
  • ⚡️ Searching for database connections is now available when generating API documentation directly from connected data tables.
  • ⚡️ Clear indication is provided on the API if the API associated with
    testing
    is deleted.
  • ⚡️ APIs that are disassociated from
    testing
    are now converted to custom requests.
  • ⚡️ The time shown in
    Test Reports
    now defaults to showing how long ago the test was run, with the full time displayed on mouseover.
  • ⚡️ Environment names are now displayed in
    Test Reports
    lists.
  • ⚡️ Dynamic values can now be used in custom requests for
    testing
    .
  • ⚡️ More user-friendly prompts are shown for failed uploads of
    Test Reports
    .
  • ⚡️ CLI-uploaded test reports now display the test scenario source for each step.
  • ⚡️ Requests can now be shared directly from the
    directory tree
    in the
    request history
    .
  • ⚡️ When exporting the
    OpenAPI
    format, the option to include Apidog's extended OpenAPI fields is provided.
  • ⚡️ Hovering over any
    enum value
    in
    online documentation
    now displays descriptions for all enum values.
  • ⚡️ The appearance of collapsible blocks in
    online documentation
    has been adjusted.
  • ⚡️ All in-app notifications can now be marked as read with a single click.
  • 🐞Fixed an issue where clicking the + icon directly in API Management to create an API would occasionally not respond after saving.
  • 🐞Fixed an issue where saving APIcase Responses would occasionally cause the tab to close and reopen without displaying the response.
  • 🐞 Fixed an issue with adding request parameters when new parameter name matches existing one, causing input box to clear and preventing further input.
Japanese:
  • 🔥【新機能】Apidogによって自動生成されたヘッダーが表示され、送信するかどうかを制御できます。 例:
    Cookie
    のチェックを外すと、前のレスポンスの
    Set-Cookie
    によって生成された
    Cookie
    は送信されません。
  • 🔥【新機能】 ディレクトリツリーで
    データベースからデータテーブルをインポート
    することで
    Schema
    を一括作成できます
  • ⚡️【最適化】
    {{変数名}}
    を通じてアドレスバーの先頭で変数を直接使用できます
  • ⚡️【最適化】 「自動テスト」の「手動同期」は、GraphQL、msgpackなどのデータのBodyを同期することをサポートします
  • ⚡️【最適化】Postman
    collection
    をインポートする際、チェックされていないリクエストパラメータがインポートされます。
  • ⚡️【最適化】 データテーブルに接続してAPI ドキュメントのSchemaを直接生成する場合、データベース接続を「検索」できます
  • ⚡️【最適化】 「自動テスト」の関連APIが削除された場合、明確な提示メッセージが表示されます。
  • ⚡️【最適化】 「自動テスト」で関連付けられたAPIとの関連付けが解除された場合、当該APIはカスタムRequestに変換されます
  • ⚡️【最適化】 「自動テスト」の「テストレポート」の時間は、デフォルトで前回の実行との時間間隔が表示され、ガーソルをその上に置くと完全な時間が表示されます。
  • ⚡️【最適化】「自動テスト」の「テストレポート」には環境名が記載されています
  • ⚡️【最適化】「自動テスト」の「カスタムRequest」は動的値を使用できます
  • ⚡️【最適化] 「自動テスト」の「テストレポート」のアップロードに失敗した場合、よりわかりやすい提示メッセージが表示されます。
  • ⚡️【最適化】
    CLI
    でアップロードされたテストレポートは、ステップのリソースとなるテストシナリオが表示されることができます
  • ⚡️【最適化】「履歴」の「ディレクトリツリー」でリクエストを共有できます
  • ⚡️【最適化】
    OpenAPI
    形式のデータをエクスポートする際に、Apidogが拡張してくれたOpenAPIフィールドを含めるかどうかを選択できます
  • ⚡️【最適化】「オンラインドキュメント」内の任意の「列挙値」の上にガーソルを置くと、すべての列挙値の説明が表示されます
  • ⚡️【最適化】「オンラインドキュメント」の「折りたたみブロック」の外観を調整しました
  • ⚡️【最適化】1クリックですべてのアプリ内通知のステータスを「既読」に設定できます
  • 🐞【バグ修正】API管理で「 + 」アイコンを直接クリックしてAPI を作成すると、保存後に反応できなくなることがある問題を修正しました。
  • 🐞【バグ修正】APICaseのレスポンスを保存すると、レスポンスが表示されずにタブが閉じて再度開いてしまう問題を修正しました。
  • 🐞 Requestパラメータを追加する際、新しいパラメータ名が既存のパラメータと同じ場合、入力ボックスがクリアされ、入力できない問題を修復しました。

new

improved

2.5.1

  • 🔥 Project resources now add
    Common Parameters
    , enabling the selection of saved parameters during API design with an automatic population of corresponding
    description
    .
  • 🔥 The appearance of
    Params Table
    in the API docs now supports modern style and classic style.
  • ⚡️ When saving the
    APIcase
    automatically saving of
    Response
    is now supported.
  • ⚡️ The
    Test Report
    step details now display the source test scenario, allowing for easy navigation by clicking to open and highlight the step in a new tab.
  • ⚡️ In
    Testing
    using
    Custom Requests
    , the system now determines whether to concatenate the environment's prefix URL based on whether the content in the address bar starts with
    /
    .
  • ⚡️
    Functional Testing
    in
    Testing
    now displays the run progress.
  • ⚡️
    Team Reports
    in
    Testing
    now only showcases reports shared by team members.
  • ⚡️ In
    Testing
    ,
    Bulk Run
    can execute global pre/post-operations for each test scenario.
  • ⚡️ When importing
    API
    in
    Testing
    , deprecated APIs are displayed with a strikethrough.
Japanese:
  • 🔥 プロジェクトリソースに「共通パラメータ」が追加され、API設計中に、保存済みの共通パラメータを選択して、対応する「説明」が自動入力されます。
  • 🔥 APIドキュメントの「パラメータリスト」の外観は、モダンとクラシックスタイルをサポートするようになりました。
  • ⚡️
    APICase
    を保存するとき、
    Response
    の自動保存がサポートされるようになりました。
  • ⚡️ 「テストレポート」のステップの詳細でソースとなるテストシナリオが表示されるようになり、そこをクリックして新しいタブでステップを開いて強調表示することが可能になりました。
  • ⚡️ 「自動テスト」で「カスタムリクエスト」を使用する場合、アドレスが「/」で始まるかどうかに基づいて、環境のプレフィックスURLを使用するかどうかを判断できるようになりました。
  • ⚡️ 「自動テスト」の「機能テスト」で実行の進行状況が表示されるようになりました。
  • ⚡️ 「自動テスト」の「チームレポート」には、チームメンバーが共有するレポートのみが表示されるようになりました。
  • ⚡️ 「自動テスト」の「一括実行」では各テストシナリオのグローバルな前/後処理を実行できるようになりました。
  • ⚡️ 「自動テスト」で「API」をインポートする際、廃棄済みのAPIが取り消し線付きで表示されるようになりました。

new

improved

2.5.0

  • 🔥 Apidog now supports real-time automatic updates in
    HTTP APIs
    and
    Schemas
    during multi-user
    online collaboration
    . After modifying and saving an API or scheduled importing Swagger/OpenAPI files, the new API documentation will be automatically synchronized with team members, eliminating the need for manual global refresh.
  • ⚡️
    Test steps
    now support
    synchronization
    of field names defined in
    JSON
    within the API.
  • ⚡️ When automatically generating examples for JSON or XML in the
    API documentation
    , you can choose to prioritize the use of the field
    example values
    .
  • ⚡️ Improved search functionality when there are many variables in the environment.
  • ⚡️ When importing resources such as
    API
    and
    test cases
    as
    test steps
    , you can expand all levels of the tree with a single click for easier viewing and selection.
  • ⚡️ When orchestrating
    test steps
    , direct deletion of
    Else
    sub-steps in
    conditional branches
    and
    On Error
    sub-steps in
    ForEach loops
    .
  • ⚡️ Direct editing of step names for custom requests and socket requests when orchestrating
    test steps
    .
  • ⚡️ In the
    share docs
    , code blocks within
    Markdown documents
    can be copied in full using the
    copy
    button.
  • ⚡️ URL formatting in the API of the
    share docs
    now supports automatic line breaks.
  • ⚡️ Improved notification for users browsing a page in the
    share docs
    if a particular API is deleted.
Japanese:
  • 🔥 Apidogは、マルチユーザーの「オンラインコラボレーション」中の「HTTP API」と「Schema」のリアルタイム更新をサポートできるようになりました。 APIを変更して保存する時点や、Swagger/OpenAPIファイルのインポートをスケジュールする時点に、新しいAPIデータが自動的に他のメンバーに同期できます。
  • ⚡️「テストステップ」は、API内の「JSON」で定義されたフィールド名の「同期」をサポートできるようになりました。
  • ⚡️「API」でJSONまたはXMLのサンプルを自動的に生成する場合、フィールド「サンプル値」を優先的に使用することを選択できるようになりました。
  • ⚡️環境内に多くの変数がある場合での検索機能が改善されました。
  • ⚡️「API」や「テストケース」などのリソースを「テストステップ」としてインポートする場合、1クリックでツリーのすべてのレベルを展開することができ、表示と選択を容易にしました。
  • ⚡️「テストステップ」を編集する時、「条件分岐」の「Else」サブステップと「ForEachループ」で「エラー」のサブステップを直接削除できるようになりました。
  • ⚡️ 「共有ドキュメント」では、「コピー」ボタンを使用して、「Markdownドキュメント」内のコードブロックを完全にコピーできるようになりました。
  • ⚡️ 「共有ドキュメント」中のAPIで、URL書式設定の自動改行がサポートされるようになりました。
  • ⚡️ 特定のAPIが削除された場合、「共有ドキュメント」ページを閲覧しているユーザーへの通知が改善されました。

new

improved

2.4.12

  • 🔥
    Testing
    now supports
    Performance Testing
    allowing a graphical display of metrics such as
    Requests per second
    ,
    Average Response Time
    , and
    Request Failure Rate
    .
  • 🔥 When launching the Apidog client, it will restore the
    Projects
    and
    API
    pages that were not closed before the last App exit.
  • 🔥 In the
    Test Scenarios
    , the
    Test Steps
    page now supports searching/locating test steps. It is also possible to search/locate a specific step result in the
    Test Report
    .
  • 🔥 When importing collections and environment variables from
    Postman
    simultaneously, you can choose to import the URL used by the collection as a Service under the
    Environment
    , achieving seamless migration.
  • ⚡️ In
    Testing
    , for
    Custom Requests
    , the tool will automatically determine whether to supplement the environment prefix URL based on the content filled in the request URL.
  • ⚡️ When importing
    Swagger/OpenAPI
    files, support has been added for parsing references in the
    example
    field.
  • ⚡️ Fixed several other known bugs to improve overall stability.
Japanese:
  • 🔥
    自動テスト
    はただいま
    パフォーマンステスト
    をサポートできるようになりました。図形で
    秒間リクエスト数
    、
    平均の応答時間
    、
    リクエストの失敗率
    などの指標を表示できます。
  • 🔥 Apidogのクライアントを立ち上げる際、前回閉じていなかった
    プロジェクト
    と
    API
    のページが開かれます。
  • 🔥
    テストシナリオ
    の
    テストステップ
    において、テストステップを検索/ナビゲートすることができるようになります。
    テストレポート
    では同じくステップを検索/ナビゲート可能です。
  • 🔥
    Postman
    のコレクションと環境変数をインポートする際、コレクションで利用するURLを
    環境
    の
    サービス
    としてインポートすることによりシームレスな移行を実現できます。
  • ⚡️
    自動テスト
    の
    カスタムRequest
    は、URLに記入される内容に基づいてプレフィックスURLを使用するかどうかを自動的に判断できるようになりました。
  • ⚡️
    Swagger/OpenAPI
    ファイルをインポートする際、
    example
    フィールドへの参照を解析できるようになりました。
  • ⚡️ 複数の既知バグを修正することで、全体的な安定性を向上しました。

improved

2.4.11

  • ⚡️ When conducting
    cross-project testing
    , the
    global params
    from external projects are now imported as
    request params
    corresponding to the respective steps.
  • ⚡️ When import a Postman
    collection
    , the
    Pre/Post Prescessor
    are now imported into the
    API
    , and test cases inherit these scripts.
  • ⚡️ In the test step arrangement of
    testing
    , the
    group
    component now displays the number of requests within the group.
  • ⚡️ Clcking the
    API name
    in the API documentation now allows direct copying.
  • ⚡️ The test scenario page no longer displays a blank list when loading
    test step
    .
  • ⚡️ When
    exporting
    an API as a
    Markdown
    document, the API version is no longer displayed.
  • ⚡️ Fixed several other known bugs to improve overall stability.
Japanese:
  • ⚡️
    クロスプロジェクトのテスト
    を行う場合は、外部プロジェクトの
    グローバルパラメータ
    は対応するテストステップの
    Requestパラメータ
    としてインポートされます。
  • ⚡️ Postmanの
    コレクション
    をインポートする際、
    プレ・ポストリクエストスクリプト
    を
    API
    にインポートすると共に、スクリプトが継承されます。
  • ⚡️
    自動テスト
    でテストステップを設定する際、ステップを
    グループ
    化にした場合、
    グループ
    はリクエストの数量が表示されます。
  • ⚡️
    APIドキュメント
    では、API名をクリックしてコードできるようになります。
  • ⚡️ テストシナリオページで
    テストステップ
    をロードする際、空白のリストを表示しないようになります。
  • ⚡️ APIを
    Markdown
    ドキュメントとして
    エクスポート
    する際、ドキュメントでバージョン号を表示しないようになります。
  • ⚡️ 複数の既知バグを修正することで、全体的な安定性を向上しました。

improved

2.4.9

  • ⚡️ Now you can import Postman data, including one
    collection
    and multiple
    environments
    in a single import.
  • ⚡️ When editing API documentation, you can now choose
    boolean
    as the data type for both
    request parameters
    and
    request body
    .
  • ⚡️ In the
    sub-branch
    , API now supports copying
    collaboration links
    .
Japanese:
  • ⚡️ Postmanのデータをインポートする時、ただいま1つのPostmanの
    コレクション
    と複数の
    環境
    をインポート可能に
  • ⚡️ APIドキュメントテーションを変更する際、
    リクエストパラメータ
    と
    リクエストボディ
    で
    boolean
    タイプを選択可能に
  • ⚡️
    スプリントブランチ
    のAPIは、
    協業用リンク
    をコピー可能に

new

improved

2.4.8

  • 🔥 You can now import APIs and API Cases from other projects in the
    Test Scenario
    module.
  • 🔥 When importing
    Postman
    collections, Apidog can import
    API
    and
    Variable
    at the same time. Now you can import the URL as
    Service
    of
    Environment
    to achieve a seamless immigration.
  • 🔥 Added support to importing
    Web Service
    APIs with
    WSDL
    format.
  • ⚡️ The visualized
    Assertion
    in Post Processor can now support
    Dynamic Value
    expressions.
  • ⚡️ Optimized UX of the
    Automated Testing
    module.
  • ⚡️ Fixed several other known bugs to improve overall stability.
Japanese:
  • 🔥
    シナリオテスト
    モジュールで、他のプロジェクトからAPIとAPICaseをインポートすることが可能に
  • 🔥
    Postman
    のコレクションをインポートする際、
    API
    と
    変数
    が同時にインポートされますが、
    URL
    を
    環境
    の下の
    サービス
    としてインポートできるようになり、Postmanからシームレスの移行が可能に
  • 🔥
    WSDL
    フォーマットで
    Web Service
    APIのインポートへの対応が可能に
  • ⚡️後処理での可視化された
    アサーション
    は、
    動的値
    の式に対応することが可能に
  • ⚡️
    自動テスト
    モジュールのUXが最適化
  • ⚡️ 複数の既知バグを修正

improved

2.4.7

  • ⚡️ Optimize the styling of the Plan page.
Japanese:
  • ⚡️ 「プラン」ページの表示を最適化
Load More
→