Changelog

Follow up on the latest improvements and updates.

RSS

fixed

new

improved

2.6.3

  • 🔥[New Feature] The preview dialog of
    Import Data
    has added a
    Search Bar
    that allows you to filter endpoints through search.
  • ⚡️[Optimization] When
    Merge
    is selected du ring
    Import Data
    , if the data type of fields changes, previous values for Mock, description, etc., will be retained instead of being cleared.
  • ⚡️[Optimization] When importing
    Swagger/OpenAPI
    files via
    URL
    , data within HTML pages can now be recognized and parsed.
  • 🐞[Bug Fix] Fixed the issue where the feature
    Import from database
    via
    Generate from JSON etc.
    could not be used properly if only environment configurations were filled out and not the default setting during database connections.
  • 🐞[Bug Fix] Fixed the issue where for fields of integer or number type, if enums were added but the endpoint was not saved, the enum value was not sent correctly when selected during endpoint debugging.
日本語:
  • 🔥【新機能】
    データインポート
    のプレビュー画面で
    検索バー
    が追加され、エンドポイントを検索してフィルタリングできるようになりました。
  • ⚡️【最適化】
    データインポート
    時に
    スマートマージ
    を選択した場合、フィールドのデータ型が変更されても、以前のMock、説明などのフィールド値が保持されます。
  • ⚡️【最適化】
    Swagger/OpenAPI
    ファイルを
    URL
    からインポートする際、HTMLページ内のデータを認識して解析できるようになりました。
  • 🐞 データベース接続で一般設定は入力せずに環境設定のみを入力した場合、
    JSONなどから生成
    の
    データベースインポート
    機能が正常に動作しない問題を解決しました。
  • 🐞 integerまたはnumber型のフィールドに列挙値を追加した後、APIを保存していないと、当該APIをデバッグする際、列挙値を選択しても、正常に送信しない問題を解決しました。

fixed

2.6.2

  • 🐞[Bug Fix] Fixed an issue in version
    2.5.36 ~ 2.6.1
    where referencing data schemas manually in
    Query
    or
    Header
    params caused page errors.
日本語:
  • 🐞 バージョン
    2.5.36 ~ 2.6.1
    において、
    Query
    や
    Header parameters
    でデータスキーマを手動で参照するとページエラーが発生する問題を修正しました。

new

improved

fixed

2.6.1

  • 🔥[New Feature] In the
    APIs
    module, you can search
    folders
    by their names, as well as the endpoints and Markdown documents they contain.
  • 🔥[New Feature] If the
    API documentation
    defines
    enum values
    for a request params (Query, Path, form-data, x-www-form-urlencoded), you can directly select the defined enum values when debugging the API.
  • ⚡️[Optimization]
    Sprint Branch
    refactored, now supports arbitrary movement of resources on the folders of the sub-branch.
  • ⚡️[Optimization]
    Sprint Branch
    refactored, now supports arbitrary modification and deletion of folders on the sub-branch.
  • ⚡️[Optimization]
    Sprint Branch
    refactored with brand-new merging logic and interaction, more natural and better experience.
  • ⚡️[Optimization] In
    test scenarios
    , searching for test steps will exclude steps in referenced scenarios by default. Enabling
    deep search
    allows searching within referenced scenarios.
  • ⚡️[Optimization] The
    design mode
    in test scenarios will retain the editing state of a step when switching between steps.
  • ⚡️[Optimization] For
    scheduled tasks
    in automated testing, the notification email upon completion will display the specific task name in the title.
  • 🐞[Bug Fix] Fixed the issue where performance tests did not send requests if there were assertions in the test steps.
  • 🐞[Bug Fix] Fixed the issue where the current value of a variable was not properly updated in some cases when extracting responses as environment variables through post-processors.
  • 🐞[Bug Fix] Fixed the issue where only the first dataset was correctly imported when multiple datasets were imported into a test scenario.
  • 🐞[Bug Fix] Fixed the issue where the API maintainer could not be modified in bulk within the API folders.
日本語:
  • 🔥【新機能】
    API管理
    モジュールでは、フォルダ名で
    フォルダを検索
    でき、そのフォルダに含まれるAPIとMarkdownドキュメントを検索できます。
  • 🔥【新機能】
    APIドキュメント
    で特定のRequestパラメータ(Query、Path、form-data、x-www-form-urlencoded)に
    列挙値
    を定義している場合、APIをデバッグする際に、定義された列挙値から直接選択できます。
  • ⚡️【最適化】
    スプリントブランチ
    機能の再構築により、子ブランチのディレクトリツリー上でリソースを自由に移動できるようになりました。
  • ⚡️【最適化】
    スプリントブランチ
    機能の再構築により、子ブランチ上でディレクトリを自由に変更・削除できるようになりました。
  • ⚡️【最適化】
    スプリントブランチ
    機能の再構築により、新しいマージのロジックとUIが導入され、より自然で使いやすくなりました。
  • ⚡️【最適化】
    テストシナリオ
    でテストステップを検索する際、デフォルトでは参照されたシナリオ内のステップは検索対象外です。
    完全一致
    をオンにすると、参照されたシナリオ内のステップも検索できます。
  • ⚡️【最適化】テストシナリオの
    編集モード
    では、ステップを切り替える際にステップの編集状態が保持されます。
  • ⚡️【最適化】自動テストの
    タスクスケジュール
    が完了すると、通知メールの件名にタスク名を含めるようになりました。
  • 🐞 テストステップにアサーションが含まれている場合、パフォーマンステストでRequestが送信されない問題を解決しました。
  • 🐞 後処理でResponseを環境変数に抽出する際、特定の条件下で変数のローカル値が正しく更新されない問題を解決しました。
  • 🐞 テストシナリオにデータセットを複数インポートした際、最初のデータセットしか正常にインポートされない問題を解決しました。
  • 🐞 APIフォルダで責任者を一括変更できない問題を解決しました。
  • 🔥[New feature] You can now create an
    organization
    and set up
    teams
    within it, enhancing project and personnel management for enterprises.
  • 🔥[New feature]
    Organization
    can enable
    single sign-on
    (SSO), supporting identity providers (IdPs) that comply with the
    SAML 2.0
    protocol, such as
    Microsoft Entra ID
    (formerly
    Azure Active Directory
    ,
    Azure AD
    ). Once enabled, all members must log in with single sign-on to have
    permissions
    to access resources within the organization.
日本語:
  • 🔥【新機能】
    組織
    を作成でき、その中で
    チーム
    を作成できるようになりました。大中規模の企業はプロジェクトとスタッフをより適切に管理できます。
  • 🔥【新機能】
    組織
    で
    シングルサインオン
    (SSO)を有効にできるようになり、
    SAML 2.0
    規格に準拠したIdP(アイデンティティプロバイダー)をサポートします。例えば、
    Microsoft Entra ID
    (旧
    Azure Active Directory
    、
    Azure AD
    )です。SSOを有効にすると、組織のメンバーは組織内のリソースにアクセスするために、必ずSSOでサインインする必要があります。

new

improved

fixed

2.5.34

  • 🔥[New Features] When creating
    New Endpoint
    , initiating
    New Request
    , or
    Add custom request
    to a test scenario, you can directly paste
    cURL
    in the
    Address bar
    to import network requests.
  • ⚡️[Optimization] Besides
    cURL (bash)
    , importing
    cURL (cmd)
    in Windows format is now supported.
  • ⚡️[Optimization] When formatting
    XML
    , elements with attributes will now display the element and its attributes on the same line.
  • ⚡️[Optimization] When
    Generate Automatically
    the request params example, response examples, and request body, various modes are supported, such as
    Generate keys only
    Use field default values
    or
    Use field example values
    .
  • ⚡️[Optimization] Request is now included when importing/exporting Apidog-formatted files.
  • 🐞[Bug Fix] Resolved the issue where a test scenario could not run after disabling an abnormal step in the
    Test scenario
    .
日本語:
  • 🔥【新機能】
    新しいAPIを作成
    する際、
    クイックRequest
    を送信する際、テストシナリオに
    カスタムRequest
    を追加する際に、
    アドレスバー
    に直接
    cURL
    をペーストしてインポートできるようになりました。
  • ⚡️【改善】cURLをインポートする際、
    cURL (bash)
    だけでなく、Windowsフォーマットの
    cURL (cmd)
    もサポートされるようになりました。
  • ⚡️【改善】
    XML
    をフォーマットする際、要素に属性がある場合は、要素と属性が同一行に配置されるようになりました。
  • ⚡️【改善】リクエストパラメータ、レスポンスサンプル、APIリクエストボディの
    自動生成
    時に、さまざまな生成モードを選択できるようになりました。例えば、自動サンプル値を優先、フィールドのデフォルト値を優先、フィールド名のみ生成など。
  • ⚡️【改善】Apidog形式のファイルをインポート/エクスポートする際、クイックRequestが含まれるようになりました。
  • 🐞
    テストシナリオ
    内の特定の例外ステップを無効にした後、テストシナリオが実行できなくなる問題を解決しました。

new

improved

fixed

2.5.32

  • 🔥 [New Feature]
    Automated Testing
    supports
    Scheduled Tasks
    via self-hosted Runner, allowing you to run specified test scenarios at regular intervals.
  • 🔥 [New Feature]
    Scheduled imports
    of APIs can now be performed via self-hosted Runner, enabling timed imports at regular intervals.
  • 🔥 [New Feature] Support offering
    Mock
    service through self-hosted Runner.
  • 🔥 [New Feature] The
    Database Operation
    for automated testing now supports
    Data Generator
    syntax to produce
    Dynamic Value
    , such as
    {% faker datatype.uuid %}
    .
  • ⚡️ [Optimization] When an external notification is triggered by the
    Test Scenario Completed
    event, the message content now includes a
    Runs on
    field, for example Runs on: Local.
  • ⚡️ [Optimization] If endpoints, imported in the
    OpenAPI/ Swagger
    format, are moved to another folder, re-importing will no longer create an empty folder.
  • 🐞 [Bug Fix] Fixed an issue where certain types of oneOf data structures were incorrectly displayed in the API documentation.
日本語:
  • 🔥【新機能】自動化テストでセルフホストランナーを使って
    タスクスケジュール
    を実行でき、指定したテストシナリオを定期的に実行できるようになりました。
  • 🔥【新機能】セルフホストランナーを使って、APIの
    定期インポート
    が可能になりました。ランナーからAPIを定期的にインポートできます。
  • 🔥【新機能】セルフホストランナーから
    Mock
    サービスを利用できるようになりました。
  • 🔥【新機能】自動テストの
    データベース操作
    で、
    データジェネレーター
    の構文を使って
    動的値
    を生成できるようになりました。例:
    {% faker datatype.uuid %}
  • ⚡️【改善】
    テストシナリオが完了
    イベントで外部通知をトリガーする際、メッセージに
    実行場所
    フィールドが追加されました。例:実行場所:クライアント
  • ⚡️【改善】
    OpenAPI/Swagger
    ファイルをインポート後、APIを別のディレクトリに移動した場合、再度インポートしても空のディレクトリが作成されなくなりました。
  • 🐞 APIドキュメンテーションで、特定のoneOfデータ構造を正しく表示できない問題を解決しました。

new

improved

fixed

2.5.31

  • 🔥 [New Feature]
    Database Operation
    for automated tests supports extracting data from pre-step using the
    {{$.1.response.body}}
    syntax.
  • ⚡️ [Optimization] When
    Generate Code
    for the API, the variable expressions in the request params using
    {{variable}}
    syntax will be replaced with the actual value.
  • ⚡️ [Optimization] A
    Select All
    option is now available when importing steps from other test scenarios.
  • ⚡️ [Optimization] -
    Exporting
    a project to Apidog format now includes
    test scenario
    priority, tag, and test data.
  • 🐞 [Bug Fix] Resolve the issue that Local Mock did not return Advanced Mock expectations properly when the Cloud Mock switch is not turned on.
  • 🐞 [Bug Fix] Resolve an issue where the initial value of a variable was not displayed correctly when extracting the variable using the Dynamic Value Editor in a custom script.
  • 🐞 [Bug Fix] Resolve an issue where the
    Example
    of the
    Path Params
    was not imported correctly when adding a test step via
    Import from endpoints
    if the
    Sync Mode
    was set to
    Automated
    .
  • 🐞 [Bug Fix] Resolve an issue where the associated usage limit was not automatically restored after removing a test step with cross-project references.
  • 🐞 [Bug Fix] Resolve an issue where Mock Settings were incorrectly handled when importing Apidog-formatted projects.
Japanese:
  • 🔥【新機能】自動化テストでセルフホストランナーを使って
    タスクスケジュール
    を実行でき、指定したテストシナリオを定期的に実行できるようになりました。
  • 🔥【新機能】セルフホストランナーを使って、APIの
    定期インポート
    が可能になりました。ランナーからAPIを定期的にインポートできます。
  • 🔥【新機能】セルフホストランナーから
    Mock
    サービスを利用できるようになりました。
  • 🔥【新機能】自動テストの
    データベース操作
    で、
    {{$.1.response.body}}
    構文を使って前のステップの実行結果を読み取れるようになりました。
  • ⚡️【最適化】APIエンドポイントから
    コード生成
    する時、リクエストパラメータの
    {{variable}}
    変数式が実際の値に置き換えられるようになりました。
  • ⚡️【最適化】他のテストシナリオからテストステップを
    インポート
    する際、テストステップを
    すべて選択
    できるようになりました。
  • ⚡️【最適化】プロジェクトを Apidog 形式で エクスポート する際、テストシナリオ の優先順位、タグ、テストデータが含まれるようになりました。
  • 🐞 クラウドMockを有効にしていない場合、
    ローカルMock
    が高度なMockの期待値を正しく返さない問題を解決しました。
  • 🐞 カスタムスScriptで動的値エディターを使って変数を読み取る際、変数のリモート値が正しく表示されない問題を解決しました。
  • 🐞
    エンドポイントからインポート
    でテストステップを追加する際、同期方式が自動同期に設定しても
    Path
    パラメータのサンプル値が正しくインポートされない問題を解決しました。
  • 🐞
    クロスプロジェクト参照
    のテストステップを削除した後、関連の使用制限が自動的に復元されない問題を解決しました。
  • 🐞 Apidog形式のプロジェクトをインポートする際、Mockの設定情報が正しく処理されない問題を解決しました。

new

improved

fixed

2.5.30

  • 🔥 [New Feature] Pre/post-operation
    custom scripts
    now support the insertion of
    dynamic values
    in a visual manner.
  • 🔥 [New Feature] Markdown editor supports adding
    Icon
    .
  • ⚡️ [Optimization] The
    Scheduled
    page now restores upon reopening the Apidog client if it was not closed previously.
  • 🐞 Fixed an issue where importing content from a database by using
    Import from database
    within
    Generate from JSON etc.
    to generate data schemas would clear existing Mock data and descriptions.
  • 🐞 Fixed the issue where
    form-data
    could not be correctly imported in some cases when importing from
    Swagger/OpenAPI
    .
  • 🐞 Fixed an issue where the input fields would lose focus and pages would behave unexpectedly when operating the
    Redis
    database.
  • 🐞 Fixed an issue where the project admin's permissions were incorrect in newly cloned projects.
  • 🐞 Fixed an issue where the endpoint's maintainer displayed incorrectly after cloning a project.
  • 🐞 Fixed an issue where pre-variable values might be incorrect when importing steps from other test scenarios.
  • 🐞 Fixed an issue where, after cross-project import in automated testing, some endpoint paths were not correctly concatenated with the base URL.
  • 🐞 Fixed incorrect step count after removing nested steps in automated testing.
Japanese:
  • 🔥【新機能】前/後処理の操作の
    カスタムScript
    からでも視覚的に
    動的値
    を挿入できるようになりました。
  • 🔥【新機能】Markdownエディタに
    アイコン
    コンポーネントが追加されました。
  • ⚡️【最適化】Apidogを起動すると、前回アプリを終了する前に開いていた
    タスクスケジュール
    ページが復元されます。
  • 🐞
    JSON などから生成
    でSchemaを生成する際、
    データベースからインポート
    した内容が既存のMock、名前、説明フィールドを上書きする問題を解決しました。
  • 🐞
    Swagger/OpenAPI
    ファイルをインポートする際に、一部の場合
    form-data
    パラメータが正しくインポートされない問題を解決しました。
  • 🐞
    Redis
    データベースを操作する際に、入力フォームがフォーカスを失う、一部の状況で、ページが異常になる問題を解決しました。
  • 🐞 プロジェクトをクローンした後、新しいプロジェクトで所有者の権限が正しくなくなった問題を解決しました。
  • 🐞 プロジェクトをクローンした後、APIエンドポイントの責任者の表示が正しくない問題を解決しました。
  • 🐞 他のテストシナリオからステップをインポートする際、前置変数の値が正しく取得されない問題を解決しました。
  • 🐞 自動テストで別のプロジェクトからインポートした際、一部の場合エンドポイントのパスにプレフィックス URLが付加されない問題を解決しました。
  • 🐞 自動テストでネストされたステップを削除した後、選択済みステップの数が正しくない問題を解決しました。

new

improved

fixed

2.5.29

  • 🔥
    [New Feature]
    Databases such as
    SQL Server
    ,
    Oracle
    ,
    PostgreSQL
    ,
    ClickHouse
    ,
    MongoDB
    , and
    Redis
    now support connections via
    SSH
    tunnel.
  • ⚡️
    [Optimization]
    Mock Server now supports using response examples in the
    Components
    .
  • 🐞
    [Bug Fix]
    Fixed the issue of lag when editing
    custom scripts
    in the Tests design mode.
  • 🐞
    [Bug Fix]
    Fixed the issue where the page did not update in real-time after modifying
    custom scripts
    in the Tests design mode.
  • 🐞
    [Bug Fix]
    Fixed the issue where pressing the
    ↑
    and
    ↓
    keys to switch step details in the Tests design mode would unexpectedly trigger a refresh in the left-side list.
  • 🐞
    [Bug Fix]
    Fixed the issue where the pagination selector of the
    test report
    was not at the bottom in some cases within the Tests orchestration mode.
Japanese:
  • 🔥【新機能】
    SQL Server
    、
    Oracle
    、
    PostgreSQL
    、
    ClickHouse
    、
    MongoDB
    、
    Redis
    などのデータベースに対して、
    SSH
    トンネル経由での接続がサポートされました。
  • ⚡️【改善】Mock Serverが
    コンポーネント
    内のレスポンス例に対応できるようになりました。
  • 🐞 自動テストの編集モードで、
    カスタムScript
    の編集時に動作が遅くなった問題を解決しました。
  • 🐞 自動テストの編集モードで、
    カスタムScript
    を変更した後、ページが自動的に更新されない問題を解決しました。
  • 🐞 自動テストの編集モードで、キーボードの
    ↑
    ↓
    キーでステップの詳細を切り替える時、左側の編集リストも切り替わってしまう問題を解決しました。
  • 🐞 自動テストの編集モードで、一部の状況下で
    テストレポート
    のページ選択機能が最下部に表示されない問題を解決しました。
  • 🔥 Support subscribing to the Apidog Plan with a fixed seat arrangement; when using a fixed seat subscription, you can generate an invoice first and then pay via bank transfer. Learn more
Japanese:
  • 🔥 Apidogプランにおいて座席制が導入されました。座席制を選択すると、まずは請求書を生成し、銀行振込で支払うことができるようになりました。詳細を表示
Load More
→